社員紹介 | 学校法人向けの個別学習支援サービスを提供するスクールTOMAS

スクールTOMAS

社員紹介

INTERVIEWS

スクールTOMASで働く社員の、入社の動機や、どんなことを感じて働いているのか、何を目指しているのか、インタビュー形式でご紹介します。
採用エントリーに迷っている方も、先輩社員の声を聞いて、少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。

久保田 大 イメージ

久保田 大

KUBOTA DAI

  • 教務局
  • 2012年入社

早稲田大学商学部卒業。アルバイト講師として勤務後、スクールTOMASに入社。
現在は3校舎を管轄する若きリーダー。

先生と一緒に
学校を変える

学生時代は軽音楽サークルやゼミなど、好きなことに打ち込んでいました。当時は漠然と会計士を目指していましたが、「教える」という仕事にも興味があり、スクールTOMASでアルバイト講師として働くことに。勉強が苦手・嫌いという生徒も多かったのですが、本気でぶつかり続けた結果、学力の向上だけでなく勉強への姿勢の面でも大きな変化を見せてくれました。この時点ではまだ会計士の勉強も続けていたのですが、気づけば四六時中生徒のことや、指導のことを考えるようになっており、スクールTOMASへの入社を決意しました。

教室責任者になってからは、生徒や講師だけでなく、導入先の学校の先生や保護者の方と話をする機会も増えました。生徒の自己申告だけでなく、先生からも授業中の様子をお聞きした上で指導にあたれるのは、大きな強みです。また、学校と塾、両方の様子をお伝えできるので、保護者の方には大変感謝いただけます。

ある年、先生から「1クラスから2桁の国公立合格者を出したい」というご要望をいただきました。当時の状況からするとかなり無謀な目標ではありましたが、3年間その先生と一緒に議論し、共に駆け抜けた結果12名の合格者を出すことができたのです。その後も同水準の合格者を出し続け、その学校は周辺の他の学校や、保護者の方々からも注目されるようになっていきました。
「先生と一緒に学校を変えることができる!」。これがスクールTOMASの醍醐味だと思います。

入社してからの8年間、成功ばかりではなく、失敗もたくさんしてきました。それでも今管理職として複数校舎を管轄できるポジションをいただけているのは、チャンスを多く与えてくれるスクールTOMASの社風だからこそだと思っています。

もっと読む

閉じる

坂井 清典 イメージ

坂井 清典

SAKAI KIYONORI

  • 教務局
  • 2017年入社

東京外国語大学外国語学部卒業。私立中高にて社会科教諭として3年間勤務後スクールTOMASへ。現在は教室長として講師マネジメントや生徒指導に励んでいる。

学校の教員時代に感じた
もどかしさから

大学卒業後は、小学生の頃からの夢だった学校の先生になりました。やりがいのある毎日でしたが、理解が遅れている生徒への補習対応にばかり時間をとられて、上をめざしたい生徒への指導が十分にできないことにもどかしさを感じていました。そんなときに出合ったのがスクールTOMASです。今はスクールTOMASの教室長として、難関大学への進学などをめざす意欲的な生徒たちを応援する毎日に、大変やりがいを感じています。
入社3年目になり、今は教室長として、講師たちのマネジメントをしつつ、担任として約30名の生徒を受けもっています。生徒たちは16時頃から続々と来始めるので、それまでの時間に開室準備の事務作業や、学校の先生との情報共有などを行っています。16時以降はひたすら生徒とコミュニケーションをとる時間にあてています。

好きで選んだ仕事なので、つらいと感じることはほとんどありません。大変なことを挙げるなら、学校の先生との関係構築でしょうか。認めていただけるまでに時間はかかりましたが、今は頼まれごとをされるまでになってきました。受けもっている生徒のことを本気で考え、お互いに有益になる情報共有を積み重ねていけば、先生方にも信頼していただけるようになります。
スクールTOMASには「頑張った人を見逃さない」という社風があり、結果を出している人が昇進していきます。前職では生徒指導が主なモチベーションでしたが、今はそれに加えて自身のキャリアアップも大きなモチベーションになっています。今後は複数校舎を管轄する管理職をめざしていきたいと思います。

もっと読む

閉じる

荒木 佐和子 イメージ

荒木 佐和子

ARAKI SAWAKO

  • 開発局
  • 2015年入社

津田塾大学学芸学部卒業。
前職でSEを経験したのち、スクールTOMASに入社。2年弱の産育休を経て2019年に復職。

スクールTOMASが
“常識”になる未来へ

もともと教員を志望しており教員免許も取得していましたが、キャリアプランを考えるうえで一度民間企業を経験しておきたいという思いがあったため、卒業後はシステムエンジニアとして勤務しました。
その後いざ教育業界へ飛び込みたいと思ったときに出会ったのが、スクールTOMASです。入社を決めたのは、部活指導などの業務がない分「教えること」に没頭できる環境があったから。実際、教室長として勤めた約2年間は、生徒一人ひとりの人生に深く関わって進路指導を行うことができ、非常にやりがいを感じました。

その後、出産・育児休業を経て二度目の転機が訪れました。小さい子どもの育児中であることを考慮していただき、開発局に異動することになったのです。
現在は営業事務として、営業社員が使用するツールの整備や情報収集などを行ったり、新規導入が決定した学校における立ち上げ業務のサポートを担当したりしています。パンフレットやユーザーズガイドを作ることもあり、1から物を生み出す大変さがありますが、スクールTOMASが広がっていくのを身近で感じられる手応えがあります。

教務局と開発局、どちらも経験した上で感じるのは「コミュニケーション力」が非常に重要であるということ。学校側にとってスクールTOMASの導入はとても大きな改革になるため、相手がどのような疑問や懸念を抱くかを何パターンも予測して回答を準備しておくなど、信頼を獲得するための努力をしなくてはなりません。先生方の協力が得られれば学校とスクールTOMASとで情報共有ができ、より効果的な指導を行うことができます。今はまだ“新しい事業”という認識ですが、いつかスクールTOMASが世間の“常識”になり、生徒にも学校の先生にも真に貢献できる、そんな未来をめざしています。

もっと読む

閉じる

佐藤 拓矢 イメージ

佐藤 拓矢

SATO TAKUYA

  • 開発局
  • 2018年入社

千葉大学教育学部卒業。県立高校で物理の教鞭をとったのち、スクールTOMASに入社。
教員の経験を生かし営業活動を行う。

壁が高い分、
やりがいも大きい

振り返れば学生時代から、教育学部に通い複数の教員免許を取得し、アルバイトでは塾講師をする……と教育に情熱を注いできた人生でした。大学卒業後も教員の道に進んだのですが、そのときに業務が多岐に渡りすぎて、本来の仕事である授業に集中できないという問題に直面しました。
打開策がないかと模索しているときにスクールTOMASと出会い、生徒により質のよい授業ができ、学校教員の負担も減らすことができるビジネスモデルに衝撃を受けました。「スクールTOMASをもっと世間に広めたい」。教務局ではなく開発局での入社を決めたのも、ひとえにその想いからです。

営業を行うのは初めてでしたが、スクールTOMASでは普段行うべき基本の行動が決められているので、迷わずに業務に取り組むことができます。もちろん、学校にスクールTOMASを導入していただくことは簡単なことではありません。たくさんの先生にお会いし、いくつもの会議でプレゼンし、ようやく契約がとれるかもしれないと期待していた矢先にお断りの連絡をもらってしまい深く落胆したことも。
しかし、そのときに上司がかけてくれた「基本をしっかりやっていれば必ず結果につながるから。君のやっていることは間違っていないよ」という言葉が支えになりました。地道に学校へ足を運び対話を続けた結果、最終的にはその学校と契約を結ぶことができたのです。

壁が高い分、契約をとれたときの喜びはひとしおです。導入した学校で生徒、保護者、先生に喜んでいただけるということ。そして学校を一つレベルアップさせることができるというダイナミズムがやりがいにつながっています。現在、公教育との提携も始まったところですが、今後ますます世の中に影響を及ぼしていける会社にしていきたいです。

もっと読む

閉じる

美斎津 美香 イメージ

美斎津 美香

MISAIZU MIKA

  • 教務局
  • 2014年入社

岐阜大学教育学部卒業。
教材の営業、英会話スクールの職員などを経てスクールTOMASへ。現在は11校を管轄するブロック長。

人生を変えてくれて
ありがとう

教員免許を取得したものの、大学卒業後は一般企業へ就職する道を選びました。その後営業職、事務職などいくつか経験しましたが、「学校現場で働ける会社員」という新しい働き方に惹かれスクールTOMASに入社しました。学校内に塾があることの強みは、最初の担当校で早速実感することになります。

成績が1と2ばかりで進級が危うい生徒がいました。彼は勉強が苦手だというコンプレックスを強くもっていたので、「まずは1科目だけでいいから学年1位を取って自信をつけよう!」と目標を定めて、数学Aを集中強化することに。もちろん、途中でくじけそうになることもありましたが、スクールTOMASに姿を見せないことがあれば、先生に前日の様子を聞いたり、授業を見学させていただいたりするなど、普通の塾ではできないアプローチができるので、苦しいときも共に乗り越えることができました。結果として数学Aの1位獲得だけでなく、他教科の成績もすべて3~5になり、勉強へのコンプレックスを克服していきました。最後に言われた「人生を変えてくれてありがとう」という言葉は私の宝物です。

指導だけでなく、文化祭や体育祭などの学校行事に参加する機会があるのも、この仕事の魅力です。部活動の試合やコンクールの応援に行ったこともあり、良い思い出になりました。

部下をもち、複数校舎を管轄する立場となった今は、部下の育成にやりがいを感じています。スクールTOMASで活躍してもらうためには、通っている生徒だけでなく、学校からの期待にも応えなければいけません。学校の指導方針や授業の内容をよく研究し、理解したうえで指導にあたる必要があります。求められていることをしっかりと理解し、期待に応える姿勢があれば、きっと活躍できることでしょう。

もっと読む

閉じる

ご応募
お待ちしております

一人ひとりが思い描く理想の未来に耳を傾け、ゴールへの道筋を描き、ともに歩んでいく。
そんな本物の個別指導を、すべての学校に届けたい。

学校の未来を変えるプロジェクトに
あなたも挑戦してみませんか。

GO TOP